一番安い 自動車保険

あなただけの一番安い保険

自動車保険の契約は、ほとんどが一年ごとの更新になっています。更新の時期が近づくとハガキやメールでその旨を知らせてくれます。

ここで前年と同じ内容のまま変更なしで更新を行っている方も多いようです。しかし実はこの更新時に保険を見直すことで、大幅なコストダウンが実現することも少なくないのです。このタイミングで保険料が一番安い自動車保険に入ってみませんか?

 

もちろん、一般的な平均値で一番安い保険ではなく、あくまでもあなたにとっての一番安い保険に入るということです。契約者の条件によって保険料は変わるものですから、人によって一番安い自動車保険は変わります。20代のドライバーと50代のドライバーではお得な保険が違って当然と思いますよね。

 

さらに、年間3万キロ走る人と3000キロ走る人で一番安い保険会社は違ってくるものです。これはコマーシャルでもアピールしている保険会社がありますよね。
現在の保険会社はドライバーのリスクとターゲットを絞って顧客の取り込みを考えています。つまり保険もニッチ層を狙う時代になって、特定のドライバーを優遇し契約を集めているということ。

 

つまり、人によって一番安い自動車保険は違う、という現象が今ではあたりまえなのです。

 

《一括見積に参加している保険会社》

補償も見直す機会に

また、更新時には補償の内容そのものを見直してみるのも安い保険を実現する方法になります。たとえば車両保険の場合をみてみましょう。自動車というのは、年々古くなるにつれてその価値が下がっていくものです。

 

にもかかわらず、前年と同じかほんのわずかな減額で更新してしまうと保険料はあまり下がりません。車両保険の金額は何段階かに設定されているので、車両価値を考慮して思い切って減額するのも保険料を下げる一つの手です。

 

あまり古い車ならば車両保険自体をなくしてしまうのもアリです。車両保険は保険料に占める割合がとても大きいのでかなり安い保険料となります。
また運転者の年齢条件や運転者を限定するオプションなどを見直すことで、保険料が下がる可能性が大いにあります。さらには弁護士特約をはじめとするさまざまな特約や、個人賠償についても見直しの余地は残されています。

 

このように現在加入している保険に変更を加えるだけでも保険料を下げることは可能ですが、さらに他社との比較を行ってみることをおすすめします。
そうすることで一番安い保険の実現に近づきます。わたしのように自宅で仕事をしながら、家にいながらにして一番安い自動車保険を実現する方法がネットの自動車保険一括見積もりです。

 

何となく毎年同じ保険を更新し続けている方も多いのですが、近年では多くの保険会社が保険料の安さでしのぎを削っている時代です。
更新を機に、同じ内容で他社だとどれくらいの保険料になるのか試してみると良いですね。

見積もりを比べてわかる最安の保険

実際に見積もりを見てみると、その保険料の差額に驚くかもしれません。中でも最近人気のダイレクト通販型自動車保険では、かなりの減額が期待できます。

こういったダイレクト型は、手数料などのコスト削減を保険料の安さに結びつけています。ですから代理店タイプなどに比べると、大幅に保険料を下げることが可能なのです。

 

あなたにとっての一番安い自動車保険も必ずこの通販型自動車保険の中にあるはずです。一括見積もりでその中から選りすぐりの格安保険をひと目で見つけることが可能ですから、これはオススメなのです。

 

ぜひ更新の時期が近づいたら何社かの見積もりを取って比較してみることをおすすめします。
でもいくつも見積もりを頼むのは、なかなか手間がかかりますよね。見積もり依頼するには自動車や運転者に関する詳細な情報が必要ですから、一社一社その内容を伝えたり入力するのは大変な時間のロスになります。

 

ここで見積もり一括サイトを利用すれば、その手間と時間が一気に省略できます。最大21社もの保険をひと目で比較できるうえに、一括で見積もり依頼ができる便利なサイトです。
時間がない方でも簡単な作業で済みますので、ラクしてお得な一番安い自動車保険を見つけることができますよ。